差し苗3日目 2

水深の浅かったところは 草が生えてしまいました。 草取りをすると仕事が進まないので 差し苗を優先します。 暑さに体が慣れていないので 飲み物を沢山持って行きます。 まるでピクニックです。 うっかり冷蔵庫に入れて 黒くなったバナナです。 腐っては居ません。 砂糖入りのジュースも必須です。 疲れたときに飲みます。

続きを読む

タライ稲

タライ稲の田植えしました。 田んぼとは一寸条件が違いますが 稲の生育標準にします。

続きを読む

余り苗処分

田植えで余った苗 処分しました。 野積みして土に戻します。 10アール当たり17枚使いました。

続きを読む

田んぼの水廻り

田んぼの水廻りしてきました。 水廻りとは水位調整です。 田んぼの水が少ないとと 地面が露出して草が生えます。 多いと水没して 稲が枯れます。 地面が露出しないで 稲が水没しない ほどよい水深に調整します。 1日最低1回は田んぼに行きます。 朝 昼 夕方 3回位行けるといいのですが 昼は一寸厳しいです。 此の後差し苗をする予定なので 畦に苗を上げて置きます。 水を切って苗を軽くする為です。 水分を含んだ苗を腰の籠に入れて足場の悪い田んぼを歩くのは 結構キツいです。

続きを読む

田んぼのゴミ清掃

代掻きで田んぼにすき込めなかった切り藁やゴミが 田んぼの表面に浮いてきます。 風で吹き寄せられて 畦の際に溜まります。 稲が潰されるので除去します。

続きを読む

除草剤散布 2

除草剤は散布しやすい様に 小さな顆粒に成って居ます。 散粒機にセットして準備完了です。 除草剤は1袋3キロです。 1袋で10アール(10×100メーター)散布出来ます。 散粒機には2袋20アール分の除草剤が入ります。 6キロの除草剤を首からかけて足場の悪い田んぼを歩くのは 結構キツいです。 散粒機はモーターが付いていて 円盤を廻します。 円盤の回転する遠心力で 農薬を左右に飛ばします。 進行方向約5メーターの幅で散布出来ます。 10アール1往復です。

続きを読む

除草剤散布

差し苗と同時進行で 除草剤散布をします。 今回はマメットSM中期用除草剤を使います。 水田用除草剤には1回で済む1発剤と 2回から3回散布する物が有ります。 其れぞけ一長一短が有ります。 武子農場では 効果が安定している複数回施用剤を使っています。 今回は知人から譲って頂きました。 有り難う御座いました。

続きを読む

差し苗

田植えが終わったので 田植機で植えられない四隅や出入り口のスロープを 手で植えます。

続きを読む

田植え2日目 2

余って回収してきた苗を下ろします。 すぐ処分せず補植が終わるまで 庭先に置きます。 田植え機に燃料を入れて準備完了です。 戸祭君と優紅 さくらちゃんが応援に来て 無事終了しました。 来年からは会社が無いので 田んぼの準備が出来ればすぐ田植えが出来ます。 精神的には楽になります。

続きを読む

田植え 5

長辺側片道は田植えをせずに進みます。 最後に1周回る為に残します。 風車マーカーで筋を付けます。 此の筋に沿って田植えをすると まっすぐ植える事が出来ます。 長辺側の端でターンしました。 マーカーの筋に沿って田植えをします。 一寸進んで田植機を止めます。 きちんと植わっているか確認します。 止めないで後ろを振り向くと 振り向いた方向に田植機が曲がりまする 人間の体って正直ですね。笑い 後は同じ手順で植えていきます。

続きを読む

田植え 4

根切り板を苗と箱の間へ差し込みます。 苗を箱から取り出しました。 田植機を田んぼへ入れます。 田植機に苗をセットしました。 田植えスタートです。

続きを読む

田植え 3

走行ギヤを圃場作業にします。 メンテナンススタンドを解除します。 苗を苗箱から外す為の根切り板です。

続きを読む

田植え 2

苗乗せ台を右に寄せます。 株間は30センチです。 掻き取り量と植え付け深さを調整します。

続きを読む

田植え準備

代掻きが終わったので 田植えの準備に入ります。 田んぼの入り口に出来たトラクターのタイヤ痕を消します。

続きを読む

代掻き2回目 6

作業終了です。 トライブはローを折りたたみます。 雨が強くなってきたので作業中断 自宅へ戻ります。 納屋へ緊急避難 雨がやめば作業に戻るので ドライブハローはたたんだままです。

続きを読む

代掻き2回目 3

ポジションコントロールでドライブハローを静かに下ろします。 ドライブハローのカバーが水没しない様に調整します。 PTOは1速です。 ドライブハローの回転を確認します。 ポジションコントロールのレバーです。 レバーの位置を電気信号に変えて 作業機を上下させる バイワイヤー方式です。 細かい調整が出来るのは良いのですが 一寸触っただけで作業機が動いてしまいます。 作業機が上がってしまっても 気付かない事も有ります。 感度が良すぎて 便利な様で一寸扱いにくいです。 ゆっくりクラッチを繋いで作業開始です。 外側から左回りで内側へ向かって作業します。 長編側の端まで来ました。 ドライブハローを上げて一寸バック 左へ90度ターンします。

続きを読む

田植え2日目

田植え2日目です。 前回雨で中断 今回は昨晩の雷雨で田んぼが水没しました。 2日位後が良いのですが 会社の仕事が有るので延期出来ません。 今日田植えをします。 トラックの苗箱を下ろします。

続きを読む

代掻き2回目 2

今回は作業手順を一寸細かく説明します。 先ずトラクターの走るスピードを決めます。 スピードを調整するギヤが2カ所有ります。 主変速と副変速です。 変速機付きの自転車で ベダル側のギヤとタイヤ側のギヤ 両方を切り替える感じです。 三菱トラクターは 主変速4段 副変速4段の 16段ギヤになります。 トラクターのミッションは常時かみ合い方式なので 走行中のギヤチェンジが出来ません。 車で言うと ローとかセカンドで発進して走り続けるイメージです。 今回主変速は2速です。 副変速です。 Hは路上走行で 農耕用大型特殊(通称ハイスピード仕様)なので時速30キロで走行出来ます。 普通車の30キロは遅いですが ドライブハローを装着して30キロで走ると 可なり怖いです。 因みに法律では30キロ出せますが 国産車は30キロまでは出ないようです。 作業機を付けての走行は Mで走ります。 Hを使う農作業は トレーラーを付けての牽引作業です。 今回は副変速Mです。 田んぼの作業なのでトランスファーは4WDです。

続きを読む