藁まるき

稲わらを束ねる事を 栃木弁では藁まるきといいます。 今年は野菜用に稲わらを残したので 藁を束にして回収します。 藁を束ねる方法には二種類有って 株元を縛る事をどうぞくといいます。 穂先を縛るとくびりといいます。 此方の方が藁が密集しないので 早く乾燥します。 直ぐ回収したい人は くびりにして乾燥させて どうぞくにして回収します。 今回はどうぞくにして藁を回収します。 YouTubeに動画が投稿してあるので参照してください。

続きを読む

稲わらの束ね方 20/10/08 Vol 91 投稿しました

YouTubeに稲わらの束ね方 20/10/08 Vol 91を投稿しました。 稲刈りが終わったので 次に稲わらの回収になります。 週末は台風の影響で雨です。 急遽わらを片付ける事にしました。 稲藁の束ね方は穂先を縛るくびりと 株元を縛るどうぞくと言うやり方があります。 今回は藁を自宅へ持ち帰るので どうぞくと言うやり方です。 使う紐はビニールの切れ端です。 幅が3センチ位有ります。 其れを一ひろの長さに切ります。 紐を広げて藁を乗せます。 株元付近で一周させて紐をねじります。 ねじった紐を上に引き上げると 藁に隙間が出来て三角形になります。 三角形の隙間にねじった紐を入れて 完成です。 束ねた藁は数日間乾燥させて自宅に回収します。 コンバインには藁を切る機能と 切らずに排出する機能があります。 其の切り替えはレバー一つです。 武子農場のコンバインには排出機能の他 に藁を束ねる機械が付いています。 此は機械で小さな束にしてくれます。 此の小さい束を何個か集めてどうぞくにします。 藁を集めるときは便利な機械なのですが わらを使うときは刃物で紐を切らなくては成りません。 機械は紐をほどきやすく縛ってくれません。 刃物を使って紐を切るのですが 結構落としてしまいます。 その都度探しては居ますが タイムロスが多いです。 武子農場では藁を縛らずそのまま落とします。 藁を縛るときは少し時間が掛かりますが 使うときは刃物がいりません。 結構時間短縮になり…

続きを読む

選別計量器梱包しました

ネットオークションの選別計量器梱包しました。 エアーパッキンで包んでストレッチで固定しました。 自分なりにはよく出来たと思います。 Natural Agriculture 武子農場

続きを読む