稲刈りスタート 20/09/15 Vol 39 投稿しました

mq2.jpg
YouTubeに稲刈りスタート 20/09/15 Vol 39 投稿しました。
芳賀町の稲刈りスタートしました。
去年は18日なので3日早いです。
今年の天候は7月の長雨 8月の猛暑と少雨大荒れでした。
長雨の影響で出穂は少し遅れましたが 8月の猛暑でV字回復 例年より早い稲刈りです。
短時間で一気に登熟したので 品質が一寸不安です。
西日本では大きな台風が上陸しましたが 幸い関東では少し雨が降った程度で 災害はありませんでした。

稲刈りは田圃を反時計に廻りながら 内側へ向かって刈っていきます。
一番外側の1周を 縁刈りと言います。
外側から内側に2周回ったので コンバインに溜まった籾を排出します。
軽トラに乗っている四角い箱を グレンコンテナと言います。
コンバインで3回籾を入れると満タンになるので 戻って乾燥機に籾を入れます。

コンバインに付いている煙突をオーガと言います。
オーガは回転と上下運動して 軽トラの位置に合わせます。
排出が終わったので オーガを元の位置名戻して作業再開です。

田圃の端まで来ると90度左に方向を変えます。
端まで来たら刈り取り部を上げて 少し通り抜けます。
バックしながら 左に一寸向きを変えます。
コンバインの長さより一寸長い距離バックして 前進しながらさらに向きを変えます。
90度向きが変わったら 刈り取り部を下げて稲刈りスタートです。

刈り取り部には 3本ツメが付いています。
一番右側のツメを 前回刈った株に合わせます。
左側のツメは3本目の株を通過するので 3条稲を刈る事が出来ます。
3条刈りコンバインは最大幅を使うと 4条刈れます。

此処で一寸気になる事を発見。
藁がカッターを通過するとき 音が大きくなります。
ベアリングの摩耗か ベルトのへたりです。
直ぐ壊れる事は無いですが 稲刈りが終わったら点検します。

稲刈りの一連の流れです。
参考にして頂ければ幸いです。
Natural Agriculture 武子農場

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント