車の寿命 8年落ちアクティ10万キロ

20190115_231427[1].jpg
20190115_231441[1].jpg
20190115_231459[1].jpg
アクティが来て間もなく一月です。
兄弟車バモスからの乗り換えなので 大きな違和感は有りません。

バモスとの違いはATのギヤ比がトラック仕様に成って居るので 一寸多めにアクセルを踏んで居ます。
燃費は乗用車仕様のバモスが10キロ トラック仕様のアクティが12キロと アクティの方が良いです。
最高速度は110キロくらいで 何方もほぼ同じです。
アクティの方が燃費が良いのは 年式が新しいのと走行距離が短いためでしょうね。
因みにバモスが平成12年式23万キロ アクティが平成24年式10万キロです。
12年新しくなって 走行距離も半分です。
中古車で12年新しく成るなんて あり得ないですよね。
職場のミツオさんの鉄人FITは38万キロですから 足下にも及びません。←この感覚変 笑

7月11日で再雇用の期間が終了します。
7月以降はアクティのレストアします。
武子モータースのピットを借りれば 重整備も出来ます。
同級生のシルバー人材2級整備士職歴45年が只で使えるので レストアの手伝いをして貰います。
基本車は機械なので 部品を交換すれば使い続ける事が出来ます。
部品が無くならない限り 修理可能です。

バモスからアクティに乗り換えたのは 修理代です。
症状はオイル上がりです。
2500キロ走ると 1リッターオイルが燃えます。
エキゾースト側のパッキンから オイルが滲んでいます。
腰上修理かエンジンASSです。
同級生のシルバー人材2級整備士職歴45年を只で使っても 修理代10万円を超えます。
加えてエアコンも壊れているので 同じ車種から移植しなくては成りません。
修理代がそこそこ掛かって 修理中は車が使えません。
これは結構きついです。
たまたま手頃な軽のワンボックスが有って 貨物なので農業所得から経費の計上が出来ます。
現車を見ないで速攻決めました。
壊れれば直します。

今回車の寿命を決めたのは 修理代と中古車の価格差です。
修理代プラスαで中古車が買えるなら 其方の方が良いです。

おまけ
20190116_002533[1].jpg
20190116_002551[1].jpg
20190116_002611[1].jpg
修理代50万円のKeiです。
エンジンオーバーホール ターボ交換 クラッチ交換 ビスカスカップリング交換 全塗装 しました。
中古車が買えます。
新車で買ってワンオーナー 事故歴なしです。

乗り続ける理由は このカテゴリーの車が無いからです。
近いのが現行のアルトワークスですが 一寸違います。
軽のホットハッチはは殆ど存在しません。
然も5速のマニュアル車です。
通勤が無くなればアクティが軽トラで Keiが日常の足に成ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント