椎茸原木入れ替え

20191116_151105[1].jpg
20191116_151122[1].jpg
20191116_152808[1].jpg
椎茸の原木が古く成ったので入れ替えました。
20191116_152819[1].jpg
菌を入れて仮伏せ中の原木です。
20191116_153340[1].jpg
20191116_152828[1].jpg
寒冷紗で養生して終了です。
20191116_153349[1].jpg
古くなった原木は野積にして土に戻します。

有機農業推進フェアー 4

20191117_095345[1].jpg
20191117_095352[1].jpg
20191117_095406[1].jpg
20191117_095418[1].jpg
20191117_095449[1].jpg
20191117_095505[1].jpg
ニコニコファームさんのポン菓子コーナーです。
昭和30年代 行商のポン菓子屋さんが来ました。
原料は持参で加工料のみです。
お菓子が買えなかった時代 ポン菓子は一寸した贅沢です。
当時は方言でドッツン豆と呼んで居ました。
懐かしいです。
一袋買ってしまいました。
20191117_095531[1].jpg
ポン菓子製造機です。
穀物の種(米やトウモロコシ)を圧力容器に入れて加熱します。
加熱して高温高圧に成った容器を一気に開放すると 中の穀物が
膨張します。
この時ポンと言う音と水蒸気が出ます。
ポン菓子の由来は圧力を開放する時の音です。
現在の機械は60年前よりコンパクトに出来て居ます。
此処のお兄さんたちが見たら何の機械か分からないでしょうね。