小雪

小雪とは 以下引用 二十四節気「小雪」とは、色づいていた紅葉が落ち始め、山々ではチラチラと雪が降り始めるという意味です。雪の量はまだそれほど多くは無いので「小雪」と呼ばれています。 小雪は冬の入口にあたります。その為、まだ昼間はそれほど冷えてはいないことが多いです。 時折、穏やかな日「小春日和(※)」があったりすることもありますが、朝晩は夕方の日暮れから一気に気温が下がりはじめ、寒暖の差が激しいので、体調を崩さないように気を付けましょう。 2019年「小雪」はいつ? 例年11月22日頃が小雪にあたります。2019年は11月22日です。 太陽の黄経が240度になる時にあたります。 引用終わり 朝晩は寒くなって来ました。 昨日薄く氷が張りました。 明日と明後日は愛宕神社の秋祭りで出かけます。 暖かい服装で行って来ます。

続きを読む